コンテントヘッダー

岩波の子どもの本

みなさん、お久しぶりです。
GWはいかがお過ごしでしたか?

私はあっちの古本屋、こっちの古本屋と本屋さんを渡り歩いていました。
読みたかった本が手に入ったので2冊ほど本も読みました。
今は「しゃばけシリーズ」の「ゆんでめて」を読んでいるところです。
絵本も大好きで、特に「岩波の子どもの本」は古い装丁のものを見つけては買っています。
今回も2冊ほど見つけたので買い求めました。

130507_074406_convert_20130507082421.jpg

「ツバメの歌」は初版が昭和29年、私が手に入れたのは昭和48年の11刷めです。
カバーのついた右開きの本です。
「みっつのねがいごと」は創刊50年記念の本で2003年発行、カバーなしの今でもよく見かけるつるっとしたタイプの左開きです。
「岩波の子どもの本」も今年で創刊60年です。 創刊当時は外国の絵本が自由に手に入る時代ではなかったので光吉夏弥さんの蔵書を中心に石井桃子さんをはじめとする編集スタッフが編集にあたっていたそうです。
本のサイズも戦後まだ貧しさから抜け出していなかった時代、出来る限り安価な本を作るために、子どもが読むのに手頃で、紙の使い方も効率のよい大きさとして選ばれたそうです。
確かアメリカのリトルゴールデンブックも手頃な価格で子どもが手に取りやすい本として作られていたように記憶しています。
これからも少しずつ集めていきたいと思っています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

昨日はありがとうございました

お部屋の隅っこの、小さい机に向かい合っての刺繍の事、家族の事とたくさんお喋りしながらの、楽しい時間をありがとうございました。
いただいた刺繍の本ですが、やっぱり文化出版でした。
次回もヨロシクお願いしまーす♪

チップママさんへ

こちらこそ、楽しかったです♪ ありがとうございました。
世間は狭いですね~。

文化出版局のその本は貴重ですよ。
お持ちの本は「メリークリスマス」だと思うのですが、復刊されていますが当時の3倍はしてますし、古本でもいいお値段がついていますよ。

そうそう、本もありがとうございました。 しゃばけシリーズがあと少しで読み終わるので、次に読むのが楽しみです。
プロフィール

愛夢(めぐむ)

Author:愛夢(めぐむ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR