コンテントヘッダー

カフェカーテンいろいろ

去年からカフェカーテンを作っている方が何人かいらっしゃって、それぞれ出来上がってきたのでご紹介したいと思います。
↑Kさんの出来たてほやほやの作品です。裾の部分はハーダンガーで、ゲルダさんの花をクロスステッチで刺されています。出来上がりが思っていたのより小さかったので両端にレースをつけてこられました。レース選びにもこだわられたようでステキなカフェカーテンになりました。

↓その前に刺されたこれまたゲルダさんのブーケのウェルカムフレームもステキです☆彡
IMG_2532_convert_20180413103747.jpg

IMG_2066_convert_20180413104014.jpg
↑こちらはAさんのカフェカーテン。フランスのハーダンガーの本を参考にグリーンの段染め糸を使って刺繍されました。画像だと判りにくいですがハーダンガーとクロスステッチがミックスになっていたり、ホルベインステッチになっていたりと凝った作品です。

IMG_2195_convert_20180413103911.jpg
↑こちらはもう一人のAさんのカフェカーテン。竹内博子先生の本を参考に刺されました。少しずつアレンジを加えて透け感のあるやさしい色合いの作品です。

皆さんの作品が出来上がる度に私もうれしく思います。今もクロスステッチでカフェカーテンを作っている方がいらっしゃいますが出来上がりが楽しみです♪
コンテントヘッダー

ありがとうございました


昨日は八王子のcafe rinさんでワークショップをやらせていただきました。展示の方も昨日まで延長させていただきましたが、終了です。作品の一部は引き続きお店の方にありますので、良かったら手に取ってみて下さいね。
教室は今現在、立川と国立の2カ所でやらせていただいています。まずは基本のコースターを作って、そのあとはそれぞれのご希望を聞きながら進めています。ワークショップもご希望があればやらせていただきますので、ご興味のある方は是非ご連絡下さいね。

気がつけば、4月です。新年度の始まりです。3月に誕生日を迎え、私も50歳になってしまいました。また新たな場所へ一歩踏み出そうと思っています。周りの人たちに感謝しながら、前へ進んでいきます。
コンテントヘッダー

自分の好き


アルファベット、バラ、王冠、子ども、草花、動物などなど刺繍の図案っていーっぱいあります。たくさんの図案を見ているとそのうちに自分の好みの図案が見えてくると思います。フレメのなかでも、イダ・ウィンクラーさんの古典柄が好きです。ドイツの古典柄やハンガリーのベレグ刺繍やウクライナの刺繍が好きです。そういう図案をハーダンガー刺繍と組み合わせて作品にするのが私らしくて好きです。今サンプルで刺している作品にどんな模様を入れるか図案を開くのが楽しいです♪
コンテントヘッダー

ありがとうございました


八王子のcafe rinさんでの「ゆっくりな時間」が昨日終了しました。期間中お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。久しぶりにたくさんの方とお話ができて楽しかったです。今回ご一緒させていただいた木とり舎さん、このような場を与えて下さったcafe rinさん本当にありがとうございました。
昨日で一旦終了した展示会ですが、rinさんのご厚意で4月1日まで展示させていただくことになりました。4月1日はワークショップもあるので私もcafeにおります。よかったら足をお運び下さいね。臨時休業される場合もありますのでお越しの際はブログでご確認ください。
IMG_2493_convert_20180322073756.jpg
期間中にご主人さまと一緒にお越しくださったKさんにいただいた鉢植えです。お気に入りのベアたちと飾らせてもらっています。ありがとうございました。
コンテントヘッダー

いいものはいい


昨日もcafe rinさんに生徒さんやお世話になった方が足を運んで下さったようで、本当にありがとうございます。嬉しいです♪
昨日は午前午後とも教室でした。午後の教室のときに、久しぶりにYさんが来店されていて、少しお話をさせていただきました。ちょうど教室で参考にするのにこの本を持っていて、この本をご覧になったYさんが「この本いいねー」と言ってくださいました。何年か前に新古書で手に入れた本なのですが、いろいろな技法が網羅されていて頼りになる1冊です。夜になって調べ物をしていたら、いつもお世話になっている古本屋さんにこの本がアップされていました。私が持っているのは「刺しゅうのステッチ1030」ですが、アップされていたのは「刺しゅうのステッチ1000」となっています。よく見てみると元々は雄鶏社から出されていたんですね。雄鶏が無くなってから数年後に別の出版社から発売になっていました。
私が小学生の頃は大高輝美さんのフェルトのマスコットが大人気で、手芸本と言えば雄鶏か日本ヴォーグでした。ヴォーグは何だか大人な感じで雄鶏の方が小学生の私には取っつきやすかったです。ネット上では高価な本になっていましたが、いいものはいいですね。
そしてこちら↓
IMG_2472_convert_20180314091631.jpg
この本もつい最近になって別の出版社から発売になっていました。こちらの雄鶏社版に加筆されて出たようですが、買うか買うまいか悩ましいところです。他にも雄鶏社の本は別の出版社から出ていますが、本当に良い本を出版されていたのだなぁと思います。
プロフィール

愛夢(めぐむ)

Author:愛夢(めぐむ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR